X

Find Influencers With Klear

Any category across Instagram, Twitter, Youtube and Blogs.
Log in Sign Up
赤坂沙世 Social Profile

赤坂沙世

Xiamen
なんかの精霊。好きなこと、飛ぶこと。

How Influential is 赤坂沙世

Influence
79 /100
Add
+
Engagement Level
Outstanding
 
0.2
2.0
N/A
 
1.0K
15.0
True Reach
13,606
Top Topics
Fashion,
Top Location
Japan
Insights
Landscape Mentions
Upgrade to access
Activity Insights
Audience
63,976
Total Fans

赤坂沙世's Top Content

Instagram Post
私は自分がファッションモデルという肩書きが嫌いです。八頭身の顔の整った人が西洋の洋服を着こなす、人々に感動を与える、販売促進を促す。これがファッションモデルだと思います。私は自分の肩書きは赤坂沙世がいいです。衣服はとても美しいです。芸術だと思います。私はファッション(流行という意味ですね)には全く興味がありません。もはやこれ以上洋服を作ってどうするのかと思っているくらいです。裁縫技術があるので質の高い衣服はとても好きです。オートクチュールも大好きです。自分でもオートクチュールのブランドは作ります。あとはファッションショーは大好きです。あの熱気とデザイナーの美学には感動せざるを得ません。よくファッションピーポーと言われますが、意味がよくわからない上に特に嬉しくありません。 私は文化服装学院卒業ですが、夜間の高校に通っていて卒業間近、NASAに入れない事がわかって急いで二次募集で、文化服装学院に入りました。高校生中退の私ですが三年間皆勤で卒業しました。作るのが大好きだからです。宇宙の事も、何かを作る事も大好きなので、どっちの道でも良かったのです。好きな事に夢中になれる自分を誇りに思っています。 卒業が近付く三年の時、みんな就職活動をし始めました。私は全く就職に興味がなかったので空いた時間は久々に遊ぼうと思って表参道へ数年ぶりに出かけました。(土日も課題だったので) その初日にカットモデルをお願いされたのがモデルの始まりでした。記録は11.表参道をひと歩きしただけで11サロンの方に声をかけられました。在学中モデルという仕事に少し触れ、卒業後は表現者になろうと決めて、気になるフォトグラファーさんにかたっぱしからメールして撮って頂きました。途中、雑誌に出たいという気持ちはもちろん湧きました。ですが私は背が低いし一般受けする容姿でもないので、コンスタントに雑誌やショーにバンバン出まくるとかはあり得ません。日本でモデルという仕事で食べていく事が出来ない事も大いに承知です。その辺りはきちんと理解しています。どうやったらモデルになれますかとよく聞かれますがモデルという職業と自分は何をしたいのかをよく理解することでしょう。 そしてマーケット。これもとても重要です。私はたまたま中国のマーケットにマッチしたのです。自分で稼いで自分で食べていく事が出来て、さらに女優という次の目的も加わり順風満帆です。もちろんモデルだけで稼げなかった二年前、私はパチンコ屋のバイトを受けました。四回落ちたのでやったことはありませんが。ただパチンコ屋のバイトを掛け持ちしてまでも、表現することが好きなのです。実際最高四個かけもちしてました。色々支離滅裂に殴り書きしましたが、私は好きな事で食べていく人生に苦難は何もないと思っています。好きな事のためなら何でもします。
3,258 | December 27, 2014
Instagram Post
Take selfie of your inside
2,962 | July 30, 2014
Instagram Post
私が彼に会ったのは、私の彼女なおから紹介されたのが始まりだった。 俺の隣であぐらをかく女初めてだよ!ってずっごいおどろきながら居酒屋で言われたのが最初の印象。私は彼の顔はテレビか何かで見た事があったものの彼がどんな人間なのかなど全く知らなかった。彼はすっごく熱くて、命がけで好きな事を仕事にしていて(なんかそれを仕事と呼ぶのが申し訳ないくらい)、ファンタジストでロマンチックで、お茶目でさみしがり屋で、そんな可愛い彼に私が気に入られるのをなおは知っていた。私達が初めて会った夜は政治、歴史、日本のこれからの事などについて朝まで語り明かした。初めてのお風呂上がりの私の姿を見て、「やばいな、少年みたいだなお前、可愛いなやばいな俺やばいな」と連呼していたのも覚えている。私達は会う度に毎回政情、これからどうしていきたいか、お互いの仕事への熱い想い、性に対しての態度など、昼休みの高校生みたいにおしゃべりが止まらなかった。 伊豆へ旅行に行ってポカを朝までしたり、龍の神社に行ったり、都内のホテルでキャンドルだらけにしてロマンチックごっこして遊んだり、彼等は私の望むポリアモラスな関係を現実にしてくれた。彼には彼女になれとか言われたが、そんなことより、三人のこの関係が楽しかった。三人でセックスを終えた後になおが死んでもいいくらい幸せだと言って、その時に私はセックス以上の幸せを感じた。彼と私で二人で添い寝するのも大好きだった。私と彼の仕事柄か、緊張感や孤独、圧迫感など、似た感情を感じるようで、私達二人で抱きしめあって寝る事がそれらを解消した。彼にきついくらい抱かれて朝まで離れず寝るのは私の何かを確実にほぐしていった。そして彼は私達のポリアモラスなスタイルや活動をよく理解して応援していた。 なおがもうすぐ出版するポリアモラスについての執筆において彼が応援してくれている事が、大変私達の励みになった。このように私達は素晴らしい恋愛をしてきた。そして昨夜彼が亡くなった事をなおと話していた。悲しいというか無念だ、と。私達で残りは絶対にやりきろうねって話した矢先、なおと私の元へある雑誌社から私達と彼ついての事を記事にしたいというオファーがきた。記者達は以前私達のポリアモラスなスタイルを卑下し、完全否定しておきながら彼の死をハイエナのように待ち、記事になると思ったら人の情に漬け込んで是非記事にしないかとほざいてくる。他人に私達の恋愛が書けるわけがない。私の恋愛は自分で語る。その出来事が私がここにこの記事を書かせる引き金となった。彼は私の大切なボーイフレンドの一人であって、それをなにもわからぬ他人の金儲けのために記事にされるなんて侮辱そのものである。そして一つの確かな疑問、死んだらなんでも公開していいのか??他人の恋愛gossipを嗅ぎ回るハイエナ記者には吐き気がする。記事もさることながら記者も消費者側からもまったく美学を感じない。無限に流れるくだらないgossipに民衆は無意識に洗脳されている。私は私達の恋愛をcheapで下衆な金儲けに使うなんて許さない。私達の恋愛はARTだ。高貴でロマンチックで一冊かけても誰も理解出来ないものなのである。どこの誰の恋愛だって他人には理解出来ないのに、今旬な話題で同情を買い、cheapな金儲けをするような社会は人間性はおろか地球全体をダメにしていく。 だからここに書く。嫌われようが、社会から無視されようが、好きなように生きてそれを発信し続けて死ぬ。自分が死ぬ時に、私の愛を、信念を、証明する。 愛してるぜ、今井雅之!
2,634 | May 29, 2015

赤坂沙世's Audience Demographics

Average Age
22
Years Old
Dominant Gender
Women
81%
Average Income
$36,236
Yearly
Top Countries
Japan
91%
United Kingdom
1%
United States
1%
Top Cities
Tokyo
62%
Osaka-shi
5%
Yokohama-shi
4%

What Are 赤坂沙世's Followers Interested In

Fashion
29.2%
DJ
9.1%
Art
7.0%
Websites They Share
droptokyo.com fashionjp.net isetanparknet.com fashionpost.jp tokyofashiondiaries.com soen.tokyo wwdjapan.com numero.jp
Entities They Mention
Collecting data
Klear Logo

Klear Influencer Marketing

We can't stand average, and our clients can't either.
This is a premium feature
Upgrade now to:
  • Monitor your brand
  • Learn from your competitors
  • Find Influencers
Start 14-Day Free Trial
Klear Icon
Schedule A Klear Demo
Leave us your details and an expert will be in touch
Great! It won't be long now.
A Klear specialist will be in touch soon.