X

Find Influencers With Klear

Any category across Twitter, Instagram, Youtube and Blogs.
Log in Sign Up
◎ Social Profile

Japan
I don't care about you. Fuck You. ( @xBAF2IDOLx ←移転しました )

How Influential is ◎

Influence
57 /100
Add
+
Engagement Level
Medium
 
0.0
0.1
N/A
 
12.0
0.0
True Reach
659
Top Topics
Metal, Punk, BOT
Top Location
Japan
Insights
Super Active
53.7 Posts Per Day (all-time)
Houdini
Hasn't been getting engagements on Twitter for quite some time
Audience
1,488
Total Fans

◎'s Top Content

Testament / Brotherhood of the Snake Testamentはスラッシュメタル全盛期以降、頑なに初期のスタイルを固持することなく、流行と折り合いをつけつつ現在まで活動を続けてきたイメージがある。90年代、4th. 5thという凡作を経て、最強の渡り鳥ギタリストとドラマーを迎え、当時のエクストリームミュージックの潮流に呼応した快作となった『Low』。Forbiddenのグレン・アルヴェライスという渋い人選と言わずと知れたジーン・ホグラン加入で『Low』の路線をよりデスメタル方向にシフトさせ、ヴォーカルもグロウル中心となりバンド史上最もヘヴィかつ異色な名作となった『Demonic』。その前2作を踏まえつつ、往年のテイストを加味した激烈なサウンドを、なんとSlayerの名手デイヴ・ロンバードとSadusの技巧派スティーヴ・ディジョルジオを加入させて完成させた名作『The Gathering』。先の3枚のアルバムは所謂ストレートなベイエリア・スラッシュではないが、スラッシュメタルの攻撃性と当時のエクストリームミュージックの激烈さと重量感を兼ね備えた素晴らしい作品たちだった。しかし、アレックス・スコルニックとグレッグ・クリスチャンが復帰した9thアルバムでは、往年のスタイルのダメな部分ばかり目立つ作風になり、『おまえら結局コレが好きなんだろ?シンガロング楽しいだろ?』的な凡作で、正直ポール・ボスタフの無駄遣いながら、それが唯一の聴きどころとなってしまった。そして、10枚目のアルバムはアイデアのガス抜きというか、新たな方向性の模索というか、中期の激烈さと重さを再び取り入れつつも、ダークな作風ですねというぼんやりしたイメージしかない佳作となってしまった。そんな彼らの最新作が、かなりストレートな往年のベイエリアスラッシュとなるとは個人的には全く予想外であった。中期激烈3部作にも各々参加していたジーン・ホグラン(10thにも参加)とスティーヴ・ディジョルジオが、Death伝説の5thアルバムでのリズム隊を否が応でも想起させつつ合流したというトピックを差し引いても、最新作『Brotherhood of the Snake』はベイエリアスラッシュの醍醐味が凝縮され、エリック・ピーターソンの要求する複雑なリズムパターンをリズム隊が若さで乗り切っていた初期作品のヴァイブスに、名手たちの強靭かつ繊細なリズムが加わった夢のような作品であり、豪華メンバー復帰の話題のみのアルバムでは決してない、スラッシャーであれば無視できないであろう凄まじいクオリティを誇っている。かつて、Cocobat在籍時のインタビューにて鈴木氏がLawshedで培ったスラッシュリフ感を大切にしているといった流れで『スラッシュメタルのリフの攻撃性は他の音楽にはない魅力があり、その要はリズムパターンだ』というような発言をしていた記憶があるが、個人的には全くその通りだと思うし、このTestament最新作を聴き改めてその言葉を思い出した。確かに既聴感のあるリフも多数ある作品ではあるが、エリックのリズムセンスの冴えるシンプルなスラッシュリフの数々は強力なフックとなっており、決してありがちなリフとして流し聴きできないし、得意のエスニック音階を多用すれば往年のヴァイブスは容易に加味できるところを、敢えて小出しにする強かさすらある。それを最強のリズム隊が所謂スラッシュ的なビートのみならずモダンでブルータルなアレンジも導入しているのだからリズムミュージックとしてのスラッシュメタルとしてはかなり凄まじい出来栄えだ。ポール・ボスタフ師匠がSlayerの名作『God Hates Us All』にて遂に完成形に到達させた、往年のスタイルの楽曲でありながら、かつてのSlayerではあり得なかったリズムパターンを体現したあの奇跡がこのアルバムにはある。全体を通し中期のような重厚さは排除され、ベイエリアスラッシュ特有の、良い意味での小気味好い軽さがアルバムを支配しており、その疾走感に呼応するようにチャック・ビリーのヴォーカルはグロウルを多用せず言葉を詰めたリリックを矢継ぎ早に吐き出すスタイルに焦点が定まっている。加えて『Practice What You Preach』の頃を彷彿させるキャッチーなフックも多用し、長年このバンドを愛してきたスラッシャーであれば、これぞ往年のチャックと伊藤政則氏風に言うところの“ガッツポーズをしてしまう”こと請け合いだ。兎に角、ダレるミドルテンポ曲もなく、“The Ballad”や“The Legacy”の焼き直しのようなバラードもない、Testament史上最もブレずにスラッシャーを殺しにきたアルバムと言えるだろう。 #testament #BrotherhoodoftheSnake #thrashmetal #bayareathrash #最近買った新譜をそれっぽくレビュースタグラム #そんなにそれっぽくもなく凡レビューでした←
32 | October 30, 2016

◎'s Audience Demographics

Average Age
24
Years Old
Dominant Gender
Women
66%
Influence
80%
Influential followers
Top Countries
Japan
91%
United States
3%
China
1%
Top Cities
Tokyo
51%
Yokohama-shi
10%
Saitama-shi
5%

What Are ◎'s Followers Interested In

Metal
18.0%
BOT
11.8%
Mac
8.0%
Websites They Share
extremethedojo.com loudpark.com nme-jp.com jp.automaton.am logirl.favclip.com xn--web-bx9fk93p.com otapol.jp cdjournal.com

Klear Influencer Marketing

We can't stand average, and our clients can't either.
This is a premium feature
Upgrade now to:
  • Monitor your brand
  • Learn from your competitors
  • Find Influencers
Start 14-Day Free Trial
Klear Icon
Schedule A Klear Demo
Leave us your details and an expert will be in touch
Great! Demo Request Sent.
One of our account managers will be in touch soon.